スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと休憩

今さらながら、子供のお付き合いでGBAのポケモンルビーをやりはじめた。
ゲットしたポケモンにネーミングしていくのだげど、それをLIFEの役者様に当てはめて遊び始めた私。これが結構面白いんだな。
まだ始めたばかりなので、あまり数がいないのだけれど今回はジュニ7を中心にしてみた。
自分のパートナーはアチャモというポケモンでこれはわが担当様のノビィとネーミング。いずれ進化するとカッコいいポケモンになるらしい。
そして今一番育てるのに力を入れているのが、タネボーで名前はマツシン。今はどんぐりだけど、いずれ進化を重ねていくと天狗様になるそうだ。どんな風に成長するのかとっても楽しみなのだ。
それからキノココは、吉田君イメージでルーシーとネーミング。相手をしびれさせたりパワーを吸い取ったり、可愛いけど手強いんだな。
ポチエナという狼君がリョウキチ。進化するとカッコいい大人になりそうだ。
ラルトスというエスパータイプの不思議な雰囲気のポケモンがゲットするの大変だったんだけど、名前はミカシュン。念力とか使うんだよ。進化するたびに美しくなるんだぁ。
アメタマという癒し系がセッキー。進化すると羽が生えて飛び回るらしい。
マユルドというサナギがアラキ。実は進化すると蛾になるらしい。
カラサリスというサナギがムネムラ。こちらは進化すると蝶になるらしい。
サナギは、殻を破った時にどんな風になっているのか楽しみだよ。
ゴニョニョというささやきポケモンになんとクラモトとつけてしまった。今は囁くだけだけど、進化するたびに声がでかくなるらしい。最終的な名前がバクオングというだけに期待大です(笑)
実は、ラルトスをもう一体ゲットしていて、こちらは雪穂のイメージが強いポケモンだったのでカズとつけてしまった。
さ~て、明日はどんなポケモンと出くわすのかな。

松本 慎也くん

マツシン君て子役専門のイメージがあるんですけど・・・
「ホテルボルティモア」ではお姉ちゃんべったりの少年だったし、「OZ」ではフィルを助ける少年ピーターだったし、メッシュ少年、少女雪穂・・・

Studio Lifeで短パンの似合う役者、深山さんとマツシン君かな。

無垢な笑顔が魅力の役者さんなんだね。

どんな大人の役を得意とされていくのか、楽しみだなぁ。

吉田 隆太くん

ジュニ7の吉田君。女優さんとしてしっかり私の中で定着しちゃってます。
物販やもぎり等・・吉田君にあたることが多い私。あたる?こちらから並んでるんだよね(笑)

「ホテルボルティモア」の時に、どこから観ても普通の女の子に見えてた仕草が物凄く印象に残ってます。今後、どんな大人の女性を演じるようになるのかなと楽しみにしています。今はまだ、ブリブリしてるもんね。

昨年のイベントで和太鼓を演奏されてましたが、こちらは凛々しくてまた違う吉田君のお顔を拝見することができました。

関戸 博一 くん

ジュニ7の関戸君。ほわんとした笑顔に癒されますよね。
意外や意外、セッキ―も私には女優さんのイメージが強い。
「ホテルボルティモア」ではピンクの似合う女性だったし、「メッシュ」のお母さんもやってたよね。圧巻だったのは、「白夜行 第二部」の栗原典子です。最前列で舞台を拝見できたこともあって、役者さんの表情、しぐさの細かい所までよく見えたのだけど、自然体でカワイイ女性像を作り上げていることに正直驚いてました(ゴメン)

夏のLIFE EXPOのミニトークライブで舞台上にいた関戸君からは、ああいう女性像は想像つかなかったんだよね。

正義感溢れる青年の役とかやったらカッコいいだろうなぁと思っています。
ブログを拝見していても、人柄がわかりますよね。
がんばれ、セッキ―

甲斐政彦さん

濃い顔立ち。どこから見ても二枚目ですよね。っていうか、そういうイメージで観てました。
「白夜行 第二部」篠塚康晴役で弾けまくってる甲斐さんを観るまでは(笑)
こういう役作りしてきたかぁと半ば驚いてました。
LIFE Cruise 20th anniversayで高根さんとの漫才、面白かったです。
康晴入ったまんまじゃん(爆)
ハイタッチの時も康晴入ってましたよねぇ・・・・
それとも素だったのでしょうか
甲斐さんのイメージがどんどん変わっていきます

で、毎日楽しみに拝見しています、甲斐さんのブログ。「役者のひとり言」
やっぱり面白い方のようですね。

ダイエットの指南までブログの中でされているのですが、役作りのために太ったり、元にもどしたり、さらにウエイトを落としたりと、役者さんて凄いんだなぁとあらためて「プロ魂」というものに感動しています。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

TAME

  • Author:TAME
  • Studio Lifeの舞台が好きで、担当は華やかオーラ出しまくりの姜暢雄君と男の色気漂う山本芳樹さんです。
    シナリオをかじったことがあり、文章を書くのは好きデス。
    ファンク系のダンスを習ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。