スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本 芳樹さん

ソフトな感じの役が多いのかなぁ。私が拝見した「月の子」のセツ、「パサジェルカ」のタデウシュは、物静かで心に秘めた力を感じる役柄で、抑えた演技を得意とされているのかなと思っていました。
FCイベントの時は、役者としての佇まいというか風格みたいなものを終始見せてくれましたよね。ダンスもウォーキングもセクシーで、芝居の時に観た芳樹さんとは、違ってました。もしかしたら、「ドリアン」の後だったからなのかもしれませんが。
握手会で先頭に立たれていた姿は、なぜか目に焼き付いています。握手の感触もまだ残っています。これが貫禄なのかな。(担当様の握手の感触なんて、思い出せないよ)
そんなイメージの芳樹さんが演じる「OZ」のムトーを拝見して、ものすごく熱い男を演じてらっしゃって、ドキドキしました。なんでこんなにドキドキしているんだろう私。芳樹さんの役者魂に惚れた瞬間でした。     
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TAME

  • Author:TAME
  • Studio Lifeの舞台が好きで、担当は華やかオーラ出しまくりの姜暢雄君と男の色気漂う山本芳樹さんです。
    シナリオをかじったことがあり、文章を書くのは好きデス。
    ファンク系のダンスを習ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。