スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらしのよるに

今日は、お友達に譲って頂いたチケットでミュージカル「あらしのよるに」を青山まで観劇に行ってきました。

子供が好きなアニメ映画の舞台化にSTUDIO LIFEの役者さんたちがご出演。

しかもミュージカル、しかも芳樹さんが狼役。

正直、イメージわかなかった。

娘の受験があったりで、しばらくLIFER返上してたので嬉しかったな。

ってなんでLIFEのことをこっちに書いているんだ・・・

LIFEの舞台じゃなくて、あくまで外部出演だし(汗)

子供向けのいい話のはずなのに、私はいけない大人だから「なんだ駆け落ちのお話か」

とかなり穿った見方をしてしまった。

「命をかけてもいいと思える友達」・・・やっぱり命がけの恋じゃないさ

心優しき狼ガブ・・・芳樹さんが「~でやんす」だなんて いつもの色気はどこへやらと思ってたら、華麗なバレエに素敵な歌声で魅了してくれました。記憶喪失になった場面では、普通の狼さんになって カッコいい芳樹さんが垣間見れたし。

大チャンは、やっぱ背が高くて足が長くて超カッコいい狼さん。ダンスもバッチリ決まってましたよ。

芸達者な林さんの羊さんは、歩き方が凄い。さすが林さんともう拍手しまくっちゃいました。

下井君も奥田君も河内代表もLIFEの舞台とはまた違った面も見られて、でもやっぱりそれぞれの個性も見られて 久々にLIFEの役者さんたちに会えてウレシカッタ。

でもね、全身を感動に包まれるLIFEの舞台の方がやっぱり好きかな。もっともっと役者さんたちに魅了されるもの。

相手役が本物の女の子なんで、ちょっと妬けちゃったしね。

姜クンもそろそろLIFEの舞台に戻って欲しいな。

やっぱこっちに書くことじゃなかったか
スポンサーサイト

LIFE LIFFER LIFFFEST

諸々家庭の事情でLIFEの舞台に足を運べず、こちらの更新もままならないまま年を越してしまった。
久しぶりにLIFEの役者様たちを拝見できたclub LIFEのイベント。
見ることのできなかった「夏の夜の夢」「銀のキス」の空気感をほんのちょっとだけ感じ取ることができた。

凄い! 林さん、凄い! なんかもうその一挙手一投足に釘づけ。
 
「おーほっほっほっほっほぉ~」
つられてのけぞりそうになった。

2人のパック。想像のつかなかった2人のパック。
う~ん、まだまだイメージがつかめなかった二人のパック。
やっぱり、劇場に足を運ばねば・・・

今年はまたまた大作に倉田さんが挑まれる。
肌でLIFEを感じてこないと、何も書けない。

デイジーは観に行けないけれど、ロミジュリからは行けるようになりますように。

そうだアンケートをやってみよう

岩崎さんのところで目力・・・という言葉を使いましたが、目力といえばこの方というのを教えて下さい。この役のこの場面とか具体的だと尚嬉しい。

私が思いつくところでは、及川さんとか甲斐さんなんですけど。

ぜひ、コメント機能を使って教えて下さい。

岩崎 大 さん

さわやか系の大ちゃん。私の担当様2人、姜君や山本さんとダブルキャストを組まれることが多いので、なかなか拝見する機会が少ない。初めて会ったのは、「Lilies」でチケットのもぎりに立たれてた時。その次はFCイベント。
イベントの時の印象は、「いい人」。好青年だろうなと誰もが思うのではないかしら。劇団の写真集の中で女性になっていたけど、これがまた美しい。

「OZ」の武藤は、当たり役で、初演の時から原作から抜け出たようだと評されていた。長身に端正な顔立ち。「OZ」再演のムトーで初めてしっかりと大ちゃんの芝居を見させていただいた。劇画のようでスマートなカッコよさを感じた。なんでもさらりとこなしてしまう、そんなヒーローだったな。

「OZ」の次は、萩尾望都原作「メッシュ」で主人公メッシュを山本さんとダブル、その後すぐ明治座公演「わかば」で姜君がドラマで演じていた藤倉雅也役を客演。ハードスケジュールなど感じさせない爽やかさが魅力かな。
明治座公演の「わかば」はテレビでオンエアされたものを拝見したのだけど、間の取り方とか身のこなし方とか、LIFEで培われた呼吸みたいなものを感じた。それがとても素敵だなぁと。

そして「白夜行 第2部」ではなんと雪穂です。私はお写真しか拝見していないのだけど、まぁ美しい。

そして3代目ドラキュラ伯爵の誕生となったわけで、どんな伯爵像を作ってくるのだろうと楽しみでした。だって爽やかなドラキュラじゃ・・・ねぇ。
いやぁ、怖かったです。この役者さんの目力の強さに圧倒されました。「コワ~」という思いが強くて観劇中は、ドラキュラが秘めている思いとか考える余裕なかったんです。私って単純なんですね、きっと。
ところが、一晩経ち、二晩経ちしていくうちに、岩崎ドラキュラが自分の心の中に住み着いてるんですよ。ふぅっと脳裏に浮かぶんですね(怖)「俺の思いがわかるか!」って訴えられているような気分になるんです。私の気分はすっかりジョナサンです。岩崎さんのドラキュラは、劇画チックに怖かったけれどしっかりその苦悩とか孤独とか伝えてきていたんだなと、これって凄いなと感心しまくりの日々です。私はドラキュラからいつ解放されるのでしょう(笑)

観劇中、ドラキュラの目をカーッと見開いて、「しっかり俺の芝居を観とけよ」と何度も睨みつけられたような錯覚が・・・(^^ゞ
ダブルキャストは、やっぱり両チーム観ないとですよね。

下井 顕太郎 くん

私はこの方の芝居が結構ツボだったりしてます。
どういう点がなのか現す言葉を探していたのですが、いまだにみつかりません。だからツボなのかな・・・

毎回どんな役をどんな風に登場するのか楽しみにしています。
女優さんの時は、結構「いる、いる、ああいう人」みたいなキャラが私的にはウケテマス。

逆に、「そんな奴いるかぁ~?」ってキャラを作ってくるときはお腹抱えて笑わせてもらってます。

一番強烈だったのは、「メッシュ」でド派手な衣装で登場した下井君。メッシュへの迫り方・・・凄かったョねぇ(笑)
メッシュファンの私は、目を覆いつつ、「キャー」と心の中で叫びつつ、大笑いしてました。

これからも個性的なキャラクターを作り出していって欲しいなと大きな期待を寄せております。

下井顕太郎! ガッツだぜ!

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

TAME

  • Author:TAME
  • Studio Lifeの舞台が好きで、担当は華やかオーラ出しまくりの姜暢雄君と男の色気漂う山本芳樹さんです。
    シナリオをかじったことがあり、文章を書くのは好きデス。
    ファンク系のダンスを習ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。